FC2ブログ

2010.05 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >> 2010.07

熱...

2010.06.22 Tue
今日は 午前中仕事を休み メリーを病院へ連れて行きました。

いつもの検診とお薬をもらいに...

そして 最近ハァハァが激しいので それも診てもらいに...

昨年手術をしてから 1年近くになるのでもう1度 良く診てもらおうと思いました。

重症の患者さんやらが多く ちょっと待たされましたが...

やっと順番が来て 先生に相談...

血液検査ということになり 採血...

検査中 熱を測ったら 9度以上の熱がありました。

すぐに 座薬を入れてもらい 耳掃除と爪切りと...

血液検査の結果は 昨年手術後に比べ かなり数値が安定していました。

肝臓の数値も回復し お薬もなくなりました。

ただ 貧血らしく...これは心配するほどでもないからとのこと...

あっ 中性脂肪もちょっと多かったかな?...

最後にもう1度熱を測ったけれど 下がらず もう1個座薬を入れてもらいました。



この暑さは 人間以上に ワンコにはこたえるようで...

皮膚呼吸や汗をかくことの出来ないワンコは ハァハァで体温を調節しなければなりませんが

なかなかそれが追いつかないと 熱がこもり 熱中症になりやすいそうです。

曇りがちの日の方が 飼い主が油断しやすいそうで 要注意だそうです。

ワンコによっても 暑さに比較的強い子 弱い子がいるようで

メリーはかなり弱そうです。

心臓の肥大はそう簡単には直らず これはお薬と上手く付き合って長生きできるように

頑張るしかないようです。

でも 熱は怖いので 注意して体温を見たほうがいいようで

身体をさわって 暑いようなら 部屋を冷やすことはもちろん 

アイスノンや保冷剤などで 身体を冷やすことが大切とのことです。

そして メリーのように高齢だったり 身体の調子の悪い子 お留守番の長い子は

特に注意が必要です。

身体がチンチンと熱かったりしたら 急速に身体を冷やす。

濡れタオルを身体にかけ 扇風機などで風をおくり冷やす...

氷を含ませるなどなど...

この熱が命取りになることもあると言われました。

皆さんも ワンちゃんの体温には 十分注意してあげてくださいね。

座薬のおかげか 店もしっかり冷やし アイスノンをして...

画像 021

冷え冷え...

画像 020

熱もさがったようです。

画像 022

裕は 寒がりなんですね。

この通り...

画像 023

みなさんのワンちゃんは 暑がりですか?寒がりですか?

そうそう...メリーは毎日のお散歩のせいか また体重減っていました。

頑張ろうね。



昨日は メリーと裕はお留守番でしたが お父さんとお母さんはちょっとおでかけしました。

続きから... ↓




ブログ村参加しています。
追記に行く前に ポチ お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村